食後すぐの歯磨きはダメ。と言われるのはなぜ?

食べてすぐの歯磨きがダメな理由

食後は時間を空けてはみがきをしましょう。

最近、テレビや新聞などでも目にすることもあるかもしれませんが、「食後すぐに歯磨きはしない方が良い。」といった情報を耳にしたことはありませんでしょうか?

一昔前の常識は「食べたら歯磨き」でした。僕も子供のころはそれが巷の常識でしたので、古い世代の方には特に衝撃的ではないのでしょうか?

ですが、食後すぐに歯磨きをしない方が良いというのはきちんと根拠があり、正しい知識ですのでそれについての解説をしていきたいと思います。

歯はミクロレベルで虫歯の回復をしている

歯という組織は、一見して虫歯という病気の状態になるのには時間がかかります。それは、歯の表面でも虫歯を防御する働きが有るからなのですが、そのような働きの中心になるものを歯の再石灰化と言います。歯の再石灰化は目には見えませんが、虫歯になりそうな部分を主に唾液の力で補う働きを言います。

歯が存在する口腔内という環境は主に唾液に依存しますが、その唾液には歯を修復する力が有るのです。そして、歯そのものには虫歯になっても回復するような能力はありません。歯という組織は完成して遺伝的にプログラムされた形になったら増殖したり回復したりしません。

唾液が歯を回復できる能力はあくまでもミクロレベルでの話であって、そのレベルを超えて歯が失われると回復のすべは無く、歯は一方的に失われていきます。それが積み重なって初めて歯の形が損なわれていったり、虫歯として歯に穴が開いてしまいます。

歯を回復するには時間が必要

ミクロレベルで歯が回復する事はお伝えしましたが、そもそも回復するといってもどのようなタイミングで回復するのかと言いますと、主に歯からミネラルが失われた際に回復(再石灰化)の働きが生じます。そして、歯からミネラルが失われる一番の要因は酸です。歯が酸にさらされると人体で一番の硬さを誇るエナメル質でも溶けていきます。

 例えば、南蛮漬けなどは魚の骨も簡単に食べれるほどに柔らかくする事が出来ます。魚の骨をお酢によって更に柔らかくしています。魚の骨からお酢の力でミネラルをどんどん失わせているのです。歯も同様に長時間酸にさらされるとミネラルが失われて柔らかくなってしまうのです。

唾液の作用を十分に発揮させるには何らかの原因で口腔内が酸性に傾いてしまった状況をまずは普通の状態に戻していく事が必要です。通常は唾液がじわじわ出てきて酸性に傾いた口腔内の環境を戻してくれます。そして中和された口腔内の環境で唾液に含まれるリンやカルシウムと言った成分が歯から失われたミネラルを補給していきます。

酸性のものを食べなければいいの?

酸が歯を溶かす要因であることはご理解いただけたかとは思いますが、食事のたびに酸性の強いたべものをとることはそれほどないと思います。嗜好として酸っぱいものを好んで食べる方はもちろん歯がダメージを受けるリスクは非常に高くなるのですが、(これはトゥースウェアという病気に繋がります。)虫歯の発生源は主に虫歯菌によるものですので、嗜好が普通の方であれば虫歯菌が産出する酸が主に虫歯の発生原因になります。

虫歯菌が酸を生み出すには糖分が原因になります。

ですので、酸を取らなくても糖分を摂取してしまうと虫歯菌の作用により結果的に歯は酸にさらされてしまいます。

実はこの状況を図説したものがステファンカーブという図説です。

この図は、ブドウ糖で口腔内を洗口した直後の口腔内の変化を図示したものなのです。通常口腔内の環境は中和されており、歯が溶けだす状態にはありませんが、糖分が口腔内に入った直後に口腔内の状況は虫歯菌の作用によりすぐに酸性に傾いてしまうのです。

図における赤い矢印の部分では歯が溶けだしている境界の部分を示しておりますが、急激に酸性に低下した後は唾液の自浄作用(唾液がじわじわ出てきてお口の中を普通の状態に戻す力)によって徐々に口腔内の環境が時間とともに回復していきます。

環境が回復してくると、徐々に再石灰化が起こり、歯が十分な環境回復を果たすのにはおおよそ一時間近くの時間を要します。

ステファンカーブでは糖質の歯への影響を表しております。ですので、食事のたびに甘いものを摂取するというのもピンとこないとは思われますが、砂糖を使わないように気を使っていても、人間の使用する調味料には砂糖類が当然のように使用されておりますので、食事の際には砂糖類を避けることはかなり困難だと思われます。

なぜ歯磨きが良くないのか?

では何故、食後すぐの歯磨きが良くないのかと言いますと、歯ブラシによる作用で柔らかい歯に余計なダメージを与えてしまう可能性が有るからなのです。間違ってはいけませんが、歯磨き自体は良いです。というよりはプラークを除去するためには絶対に必要です。

問題は、歯磨きも歯ブラシと歯磨き粉で歯をこすりますので、口腔内の回復が追い付いていない状況下でのブラッシングは目には見えない部分で歯を削り取ってしまう危険性が高いのです。特に口腔内の環境が酸性に傾ている状況では、歯を溶かしながら削っているような状況になります。

上の図で言いますと少なくとも食後20~30分は待たなければ口腔内の酸性の状況は回復いたしません。また、再石灰化が完了するには50~60分の回復時間を要します。

ですので、少なくとも歯ブラシでの歯磨きは最低でも食後30分程は待った方が良いと思われます。

食後すぐにやった方が良いこと

かと言っても、歯磨きはしたいと思いますし、例えば朝なら食後は時間がなかったり、そうそう食後一時間後の歯磨きは通常仕事や学校のある生活スタイルでは困難だと思われます。ですので、日常生活で歯がすり減らないような工夫をしたらよいと思われます。

具体的な例を挙げますと、まずはブラッシング以外での歯の掃除などは歯を痛めません。うがいやデンタルフロスでの掃除などは歯を直接痛めることはありません。また、うがいなどで口腔内を洗浄することで口腔内の環境改善の効果も高くなります。

ですので、食直後はうがいやフロスなどをすることで軽く口腔内の掃除をするのもよいかと思います。

口腔内に増殖したプラーク(歯垢)は時間の経過とともに増殖して、数時間後にはバイオフィルムという菌を守るバリアを作ります。歯の表面のプラークはべたべたしたような状態ですが、バイオフィルムが形成されるとそのようなプラークの状態になってしまい、これはうがいだけでは容易に除去できませんのでブラッシング以外で歯の表面から取り除くのは困難になります。

ですので、バイオフィルムが形成されてしまう前にブラッシングをすればよいと思われます。食後ある程度時間が経過しても、起床時、食間の歯磨き、そして、寝る前は特に徹底した歯磨きを実施することで、口腔内の過剰なプラークの増加は抑制できます。

ブラッシング時の注意点

ブラッシングの際にも歯をすり減らし過ぎない過ぎない注意が必要です。

歯磨き粉の中には研磨剤と言われる成分が有り、歯の細かい傷を生じる原因にもなります。短時間で効率的に歯を磨くのには良い成分ですが、出来るだけ長時間歯を磨く方(3分以上歯磨きをしている方)や、音波ブラシ、電動ブラシを日常使用する方は研磨剤が少ない歯磨き粉を選択した方が良いと思われます。歯磨き粉の表に「低研磨性」などの表記があるものや、そもそも研磨剤が無配合の歯磨きジェルなども有ります。また、電動歯ブラシ専用の歯磨きペーストなどもあります。

歯ブラシの硬さも「ふつう」や、「やわらかめ」を選択した方が、毛先が細かい部分に行き届きやすくまた清掃効果も高いのでお勧めです。

力の入れすぎも歯を傷めます。歯ブラシの圧力は清掃効果を最大に発揮できる適正圧力が有ります。グーで歯ブラシを使用している方は、力の入れ過ぎの可能性があります。三本指でのブラシ保持や、鉛筆持ちの方法で歯ブラシを使用するように心がけてください。

具体的なブラッシングのタイミング

結局どのようなタイミングで歯ブラシするのが良いか分かりにくかったと思いますので一例をあげます。

起床時は歯磨きをしましょう。

口腔内の細菌は寝ている際に唾液の活動も低下するので増殖します。朝は口腔内の細菌が増えている状態ですので、起床後は食前ならば歯磨きが効果的な状態です。

食直後はうがい、フロスなどをしましょう。時間が有れば30~60分開けてのブラッシングは効果的です。

歯そのものを傷めてしまうので食後すぐや糖分を摂取した直後のブラッシングは歯のすり減りを助長します。口腔内の状況が安定するまでは、歯はデリケートな状態であるという事を覚えておいてください。

寝る前のブラッシングは徹底しましょう。

寝る前は出来るだけ増えてしまう菌の数を減らすために徹底したブラッシングが理想的です。歯の隙間など磨きにくい部分への徹底したブラッシングが次の日の虫歯予防にもつながります。

まとめ

  • 食後すぐの歯磨きは歯を余計にすり減らす。

  • 食後は30分以上(~60分)は時間を空けて歯ブラシをしましょう。

  • 食直後はうがいやフロスなども効果的です。

  • 一日の中で最低でも一回は歯の隙間も含めた、徹底したブラッシングをしましょう。

補足

朝食後も歯ブラシしたくてもできない方や、より歯周病、口臭などの予防も歯を痛めずにやりたい方はこのようなものも有ります。

例えば、朝に時間がないけど最低限のケアをして外出したい方はジェットウォッシュなども有ります。(ただ、これ自体はプラークを除去する効果はありません。必ずブラッシングは実施してください。)口臭予防や歯周病専用の殺菌性のうがい薬などを洗浄の水に混ぜると殺菌消臭の効果が高いと思います。(メーカーによっては機械の破損に繋がりますので注意が必要です。)また、一生懸命磨いた後でこれを使えば予防効果が持続して起床時の口腔内もさらにさわやかになります。口臭が気になる方などにはかなりおすすめです。参考までに。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました